ペットオーナーと動物病院を結ぶ PetBridge(ペットブリッジ) | 全国動物病院情報 動物病院を検索する  

ペットライフについての情報

犬の病気と予防ワクチン一覧

犬の病気
ジステンバー ジステンバーウイルス(感染犬の分泌物)は、排泄物中に出るウイルスが 空気により感染します。特に冬、寒く乾燥した環境での伝染が強いとされています。(-10℃で半年以上、4℃で7~8週、室温で7~8日、感染力を維持) 高い熱・目やに・鼻水・クシャミが出て、元気・食欲がなくなります。また、嘔吐や下痢をしたり、震えやケイレンなどの神経症状を起こす場合もあります。特に子犬では、死亡率の高い伝染病です 。
予防できるワクチンはこちら
アデノ2型 アデノウイルスによる感染は、1型と2型があります。アデノウイルス1型の感染では、肝臓の炎症がおこります。(犬伝染性肝炎)。アデノウイルス2型の感染では、パラインフルエンザとその他のウイルスと伴に、上部気道の病気を起こします(ケンネルカフ)。
ケンネルカフ:ひどい急性の咳、痰が多い(嘔吐と間違われやすい)
予防できるワクチンはこちら
パラインフルエンザ イヌパラインフルエンザウイルスは非常に弱いウイルスで、アデノ1型は犬伝染性肝炎ウイルスと同様です。しかし、これらのウイルスは飛沫中に含まれて空気中を飛ぶために感染力は強く、犬の呼吸器系に感染します。しかし、致死的な感染になることは少ないとされています。
予防できるワクチンはこちら
伝染性肝炎 この病気は、犬アデノウイルスI型=CAV-Iの感染によっておこる伝染病です。発症してしまった場合重篤な急性肝炎をおこし死に至ることもある恐ろしい病気です。 そして感染した犬の尿中には数カ月間にもわたりウイルスが排泄され続けるので大変感染力に富んでいます。初期には鼻汁、発咳、流涙とともに元気食欲の喪失、さらに41度にも達する高熱が見られます。 症状が進むと黄疸、腹痛、下痢、嘔吐、そして扁桃腺の肥大などがあらわれますが抵抗力の弱い仔犬ではこの時点で急死することもあります。成犬などで回復期に移行したものには、しばしば片目に角膜炎がおこり目が白く濁って見えるようになる(ブルーアイ)を呈することがありますが、自然回復することも多いようです。
予防できるワクチンはこちら
パルボ パルボウィルスは、感染した犬の吐物や排泄物に大量に含まれているため、泥・ほこりと共にあらゆる所にばらまかれ経口的に感染します。感染した犬との接触やウイルスが付着した衣服などで感染します。
このウイルスは強力なウイルスで,60℃に熱しても1時間は死滅しません。このため,環境中では数カ月以上生存できると言われています。
通常は感染後2日で、元気喪失、衰弱、嘔吐、下痢がみられるようになり、徐々に食欲が廃絶。発熱については個体差があります。感染後適切な治療を受けた場合、約5-7日で免疫ができるため、その時期から快方に向かう事も期待できますが、治療が遅れると大変高い確率で死亡するとされている怖い病気ですので異変を感じた場合、すぐに適切な治療を行う事が大切です。
予防できるワクチンはこちら
レプトスピラ レプトスピラ症は、 スピロヘータが原因となります。多くの犬は、感染しても症状を示さず、保菌者となってほかの犬にうつしていきます。症状があらわれる場合には、腎臓に炎症を起こすか、肝臓を侵し全身性の疾患になるかのいずれかで、しばしば血尿がみられます。
症状が進まない早いうちに、原因となった傷口部分を組織ごと取り除き消毒します。その後、傷口と全身にペニシリンを投与し、菌の毒素を中和する血清を注射します。土のある場所でケガをしたら、どんなに小さな傷でも、オキシドールで十分な消毒を行います。
予防できるワクチンはこちら
コロナ 激しい下痢と嘔吐の胃腸炎を起こします。症状として、突然、元気がなくなって、食欲不振、下痢、嘔吐、脱水などの症状から始まります。
特に、下痢便は、オレンジ色を帯びた粥状をしています。イヌコロナウィルスによって起きる腸炎です。非常に感染力が強いのが特徴です。また、パルボウイルスと同様、死亡率が高い病気です。感染した犬の嘔吐物・糞便に口や鼻が触れることによって感染します。
感染経路は、便による感染です。伝染力がとても強くて、数週間はウィルスを便の中に貯めて排出し続けますパルボウィルス感染症とは違い、白血球減少はみられません。多くの場合に、発熱はみられません。幼犬の場合では、急速に元気を失い脱水して急死してしまうケースもあります。
予防できるワクチンはこちら

犬ワクチン一覧表
ワクチンの種類 ジステンパー アデノ2型 パラインフルエンザ 伝染性肝炎 パルボ レプトスピラ コロナ
7種混合
6種混合  
5種混合    
4種混合      
3種混合        
2種混合